前へ
次へ

不動産情報を見るととても楽しい

小さい頃から借家住まいだったので、一戸建ての持ち家にとても興味がありました。
大人になったら一

more

総合力で利益を生む不動産会社がある

不動産業と一口にいっても、仲介から賃貸、分譲や開発、さらに証券化に至るまで、それぞれ専門性があって、

more

日常生活や事業活動等に影響大きい公示価格表示制度

私的な利用から公共用地迄、様々な用途に利用される不動産はその目的に応じて一定の広さが必要になります。

more

空き家をよみがえらせることがポイント

空き家が増えて問題になることがあるなら、それを解決すればいい話です。
とある自治体アンケートによれば、実際に問題は発生していないが、漠然と不安である声や、周辺の景観にそぐわない問題、他にも地域の活性化に支障となる声をあげる地主もいます。
今、空き家となるのが700万戸超しているようで、端から見れば『壊せばいい』という意見でしょう。
しかし、解体を妨げる事柄があるのです。
第一に、解体費の問題で、一戸あたり100万円単位の出費です。
税金問題も妨げる理由で、固定資産税問題です。
居住用の建物ならば、土地の固定資産税が軽減されるのですが、建物を壊してしまえば、3倍から6倍増えてしまいます。
国も地方自治体も、本腰を入れるように空き家情報バンクの整備、情報窓口の設置、さらに地方自治体では、田舎暮らし体験の企画などまで提案しています。
不動産広告では、格安や掘り出し物、欠点がない伝わり方となる完全や万全などの言葉が使えません。
今までとは違ったキャッチコピーが空き家情報にも必要ではないでしょうか。
例えば、第三者調査機構の調べを広告につける、あなたの趣味や趣向(週末開業)をプロデュースするなど、売れる空き家とする、消費者の購買意欲をいかにそそるのか、知恵を絞って作るのも有りでしょう。

Page Top